製薬協について 製薬協について

製薬協ニューズレター

既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前
最新号案内
top_news
記事を読む

2016年9月2日、東京コンファレンスセンター・品川で、「医薬品の価値を問う~国民皆保険制度の中でイノベーションの評価を考える~」をメインテーマに、「第28回 製薬協政策セミナー」を開催しました。2015年度は「経済財政運営と改革の基本方針2015」や「医薬品産業強化総合戦略」においてイノベーションの評価・推進の重要性が盛り込まれた一方で、後発医薬品の使用促進目標を2018年度から2020年度末までの間のなるべく早い時期に80%以上とする、という新たな数量シェア目標が定められました。今年度の薬価制度改革では、販売額が予測を超えて巨額になった品目に対する「特例拡大再算定」が突然導入されるなど、薬剤費の削減に主眼が置かれました。また昨今、いわゆる「高額薬剤」を巡る議論が社会の注目を集めています。そこで、今回の政策セミナーでは、イノベーションの評価と国民皆保険制度の維持を両立させるために、薬価制度のみならず革新的医薬品の最適使用の推進なども含めた討議がなされ、患者団体、政治家、行政、医療関係者、メディア関係者、関係団体、会員会社など、多数の参加者が熱心に聴講しました。

ライン
topics
ライン
政策研のページ
From JPMA
ライン
インフォメーション
既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM