グローバルヘルスグローバルヘルス

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)とは、「全ての人が生涯を通じて必要な時に基礎的な保健サービスを負担可能な費用で受けられること」を意味しており、2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)においても、ゴール3(健康と福祉)の中でUHCの達成が掲げられています。

日本は50年以上前の1961年に、国民皆保険制度を実現するなど、保健医療システムの整備が進められ、医療格差が減少したことにより、今日、日本国民は世界一の平均寿命を享受しています。日本政府は、2015年9月に発表した「平和と健康のための基本方針」の中でUHCの推進を政策目標や基本方針として掲げるとともに、日本の経験を活かして、各国のUHC実現に向けて積極的に取り組んでいます。

UHCへの注目が高まるにつれ、製薬協は他の製薬団体(IFPMA, PhRMA, 及びEFPIA)とともに世界規模でのUHCポリシーを構築するための基本的な考え方を発信しました。この考え方は“ユニバーサル・ヘルス・カバレッジに関する革新的なバイオ医薬品業界の共同公共施策の原則”という共同声明(2014/03)に示されています。

「UHCフォーラム2017 サイドイベント」を開催
非感染性疾患の医療アクセス改善による持続可能なUHCの促進

2017年12月12日、製薬協とAccess Acceleratedは、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(Universal Health Coverage、UHC)フォーラム2017サイドイベント、「Accelerating Sustainable UHC by Improving Access to NCD Care ―非感染性疾患の医療アクセス改善による持続可能なUHCの促進―」を東京プリンスホテル(東京都港区)にて開催しました。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 夢のメディ神殿 2018スペシャル
  • 情報番組「くすりの今と未来~最新創薬レポート~」
  • 情報番組「知りなっせ!聞きなっせ!~たいが気になるおくすり事情~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM