製薬協について 製薬協について

Topics|トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
199号タイトル
トピックス画像
前へ1234567次へ
「製薬協記者会見」を開催
新型コロナウイルス感染拡大の教訓と薬剤耐性(AMR)への備え
line03 line03 line03

2030年までに2~4種類の新しい抗生物質を患者さんに提供することを目的とした画期的なパートナーシップである「薬剤耐性菌(AMR)アクションファンド」の設立イベントを、製薬協主催の記者会見という形で2020年7月10日にホテルメトロポリタンエドモント(東京都千代田区)で開催しました。

会場の様子
会場の様子

20を超える世界のバイオ医薬品企業により設立された「薬剤耐性菌(AMR)アクションファンド」は、10億米ドル近くの資金を調達し、最も耐性の高い細菌や生命にかかわる感染症に対処する革新的な新しい抗生物質の研究開発を支援します。本ファンドは、世界保健機関(WHO)、欧州投資銀行(EIB)、ならびにウェルカム・トラスト財団からも賛同を得ており、日本企業からは、エーザイ、塩野義製薬、第一三共、武田薬品工業、中外製薬の5社が参画しています。
 本会見では、「薬剤耐性菌(AMR)アクションファンド」設立の背景・趣旨に加えて、COVID-19の世界的な感染拡大により、われわれは多くのことを学びつつあることや、将来生じ得る新たな感染症拡大への備えを今、並行して整えておく必要性についての情報発信が、産学官の第一人者から行われました。
 なお、「薬剤耐性菌(AMR)アクションファンド」の設立イベントは、国際製薬団体連合会(IFPMA)が主導し、各国・地域の業界団体と協力してグローバルに展開され、2020年7月9日には、米国・ワシントンD.C.とドイツ・ベルリンでも同時開催され、その模様はインターネットを通じて全世界にライブ配信されました。また、日本における本記者会見についてもライブ配信を行い、会見場に足を運ばれたメディア関係者の方々のみならず、多くの方々に視聴いただきました。これらのイベントならびに本ファンドの詳細については、同ファンドのウェブサイト(https://amractionfund.com/ )にて報告されています。
 本記者会見は、製薬協の白石順一理事長の司会・進行のもと、IFPMA事務局長のThomas Cueni氏ならびにWHO西太平洋地域事務局長の葛西健氏からのビデオメッセージにより開幕し、続いて英国トリニティカレッジ教授のDame Sally Davies氏(ビデオを通じて)、国立国際医療研究センターAMR臨床リファレンスセンター長である大曲貴夫氏による基調講演が行われました。次のセッションでは、IFPMAの副会長であり塩野義製薬社長の手代木功氏から「薬剤耐性菌(AMR)アクションファンド」設立趣旨説明が行われ、また、同社に加え日本から同ファンドに参画したエーザイ・第一三共・武田薬品工業・中外製薬の各代表がスピーチを行いました。次に、COVID-19パンデミックの経験を踏まえ、厚生労働省医務技監(8月7日退官)の鈴木康裕氏が感染症対策、薬剤耐性(AMR)対策の必要性について(ビデオを通じて)説明し、最後に、製薬協の中山讓治会長が感染症治療薬の創薬に必要な取り組みについて説明するとともに、本記者会見の総括を行いました。

前へ1234567次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ