製薬協について 製薬協について

市民・患者とむすぶ

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
192号タイトル
市民・患者とむすぶタイトル画像
前へ12345次へ
「第3回 患者団体アドバイザリーボード」を開催
line03 line03 line03


製薬協のコメント

 治験情報の公開については、2018年に日本語で公開する旨を通知しているので、企業は前向きになっていると思う。現在は治験審査委員会(IRB)情報から施設名を特定できるので、施設名の公開を拒む企業があれば、正していきたい。

2)市民公開講座での一般名の使用と広告3要件

【課題】市民公開講座で商品名も一般名も出せなければ、患者さんは最新の治療を知ることができない。


製薬協のコメント

 今の考え方では、当該薬剤を飲んでいない患者さんに対しては一般名も出せないというルールになる。ただ、時代は変わってきており、市民公開講座で治療薬の話ができないことは、われわれもおかしいと感じている。厚生労働省の堀尾氏が説明された『求めに応じた情報提供は広告3要件に該当しない』という点が重要となるが、今回のガイドラインによって、各企業は患者さんからの求めに応じて積極的に情報提供を行う必要があるという考え方に変わってきている。この考え方に則れば、ある程度問題は解決できるのではないかと期待している。

3)製薬企業が作成している資材の活用

【課題】製薬企業がわかりやすい資材を作成しても、患者さんに直接提供できなければ、患者さんは有用な情報を得られない。


俵木氏のコメント

 「くすりのしおり」のウェブサイトをいろいろな情報につなげていきたいと考えている中で、企業が作成している患者さん向け指導箋や疾患情報等の資材の情報を掲載することも検討している。本件について厚生労働省の監視指導・麻薬対策課に相談したところ、どのような情報を掲載するのかを協議会において適切に判断する仕組みを構築するべきとのご指摘があったが、掲載自体は問題ないとの考えもお聞きしたので、企業の作成した資材を患者さんに直接提供することは適切な方法で行う限り問題ないと理解している。


アドバイザーのコメント

 COMLでは2003年から5年間、国立病院機構大阪医療センター内で患者情報室のモデル事業を手伝い、病院に出入りしているすべてのメーカーから無料で配布できる資材を400種類ほど入手し、患者さんに自由にもち帰っていただけるような環境を整えたところ、患者さんから大変人気があった。


製薬協のコメント

 全国の難病相談支援センターでも、企業が作成した冊子は大変人気が高い一方で、冊子を集めるのに苦労されているとも聞く。患者さんのヘルスリテラシーを高めるためにも、もっと患者さんに情報が届くような活動を行いたいと思う。

閉会の挨拶

最後に吉永委員長より閉会の挨拶がありました。
 「今回は従来のアドバイザリーボードとは異なり、さまざまな立場の方々と議論することができました。現場の実際の状況や課題を活発に教えていただき感謝申し上げます。“情報提供についてわれわれはなにができるのか”“創薬に向けた協働”をキーワードとして、今後のわれわれの活動が明確になりました。平成も終わり、5月より新しい時代が始まります。本日の議論がみなさんの明るい未来につながるよう祈念いたします」と締めくくり、「第3回 患者団体アドバイザリーボード」は閉会しました。

患者団体連携推進委員会 吉田 満美子

前へ12345次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ