製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
183号タイトル
トピックス画像
前へ1234567次へ
「2017年第8回国際保健医療協力研修フィールドコース」参加報告
line03 line03 line03

【透析室】
 休日にもかかわらず、透析室は患者さんとその家族であふれていました。2017年6月まで透析患者数は20名でしたが、7月にホアビン省総合病院で透析患者死亡事故があり、現在138名を受け入れています。

4.Yen Mongコミューンヘルスセンター

(1)施設概要
 Yen Mongコミューンヘルスセンターは2013年に設立され、スタッフ数7名(医師1名、準医師2名、看護師2名、薬剤師1名、助産師2名)、そのほか12名のビレッジヘルスワーカーがいます。ダム下流にあるYen Mongコミューンは面積が2400haあり、4民族からなる人口3882人(883世帯)をカバーしています。主な産業は農業であり、貧困率は3.14%と低い地域です(地域によって基準額は変わるものの、ホアビン省では月収60万ドン(約3000円)以下が貧困家庭と認定されます)。

(2)施設見学
【薬局】
 コミューンヘルスステーションでは、保持できる薬剤がエッセンシャルドラッグリストに基づいて決められています。また、処方できる日数は5日間、または7日間と決められており、患者さんは頻繁に取りに来なくてはなりません。高血圧の管理等を行うことが推進されている中で、この制限は不自由であると感じました。

コミューンヘルスステーション薬剤棚

コミューンヘルスステーション薬剤棚

前へ1234567次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ