製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
182号タイトル
トピックス画像
前へ12345次へ
「安全衛生技術研修会」を開催
line03 line03 line03

2017年7月14日、日本橋ライフサイエンスビルディング(東京都中央区)において「安全衛生技術研修会」が開催されました。同研修会では、BCP(事業継続計画)策定支援アドバイザーの昆正和氏による「企業の災害リスク対応 見直しのポイント」と、アールエイチ産業医事務所代表・静岡産業保健総合支援センター相談員の足立留美子氏による「職場における熱中症予防対策~STOP!熱中症 クールワークキャンペーン~」の講演が行われ、製薬協会員各社の約40名が聴講しました。以下にその内容をお伝えします。

講演会の様子
講演会の様子

昆 正和
■ 安全衛生技術研修会講演1|企業の災害リスク対応 見直しのポイント

BCP策定支援アドバイザー 昆 正和
line03

はじめに

みなさんはすでにBCPをおもちのことと思います。大規模災害が起こったとき、さまざまな利害関係者と一致協力してBCPの目的、すなわち被災地および非被災地に必要な医薬品を滞りなくお届けするという目的を達成しなければなりません。では、その目的を確実に達成するための条件はなにかといいますと、目の覚めるような画期的なテクニックや対策等ではなく、最も基本的な手の届く災害リスク対応ということになるでしょう。このことを踏まえ、以下の5つを中心に災害リスク対応の見直しのポイントを述べさせていただきます。

前へ12345次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ