製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
173号タイトル
トピックス画像
前へ1234567次へ
「製薬協メディアフォーラム」を開催
―どこまで動いた? 予防接種制度と感染症対策―
line03 line03 line03

製薬協広報委員会は2016年2月23日、「どこまで動いた? 予防接種制度と感染症対策」をテーマに製薬協メディアフォーラムを開催しました。川崎市健康安全研究所所長の岡部信彦氏から予防接種制度と感染症対策の取り組みと考え方について、講演がありました。講演の要旨は以下の通りです。

会場の様子
会場の様子

川崎市 健康安全研究所 所長の岡部 信彦 氏
川崎市 健康安全研究所 所長の
岡部 信彦 氏

「どこまで動いた? 予防接種制度と感染症対策」

予防接種法は1948年(昭和23年)に制定され、天然痘、ジフテリア、腸チフス、パラチフス、百日咳、結核、発疹チフス、ペスト、コレラ、猩紅熱、インフルエンザ、ワイル病の12疾患を対象として、伝染病対策がスタートしました。当時から現在まで継続して行われているのは四種混合ワクチン(DPT-IPV)に含まれているジフテリア(D)と百日咳(P)、結核、高齢者の定期予防接種となっているインフルエンザなどがあります。

ジフテリア

ジフテリアは、かつて日本には数万人単位の患者と数千人の死亡者がいましたが、予防接種の導入とともにその数は急速に減少し、現在では国内の発生はなくなりました(図1)。しかし、世界ではまだジフテリアの発生があり、ジフテリア菌まで 消え去っているわけではないので、国内でもワクチン接種は継続しなければなりません。しかし、ワクチン導入直後の1948年、国内においてジフテリア毒素無毒化が不十分なワクチンにより84名が死亡するという大規模な痛ましい事故が発生しました。そのため接種を一時中止し、製造法が改善されましたが、予防接種を中止するとせっかく減少した患者が増えてしまいます。ワクチンの製造には、細心の注意が求められます。

前へ1234567次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ