製薬協について 製薬協について

市民・患者とむすぶ

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
171号タイトル
市民・患者とむすぶタイトル画像
前へ123次へ
2015年度「第2回 患者団体アドバイザリーボード」を開催
患者団体と企業のよりよい協働に向けて意見を交換
line03 line03 line03

2015年11月18日、患者団体連携推進委員会の主催による、患者団体アドバイザリーボードが開催されました。患者団体アドバイザリーボードは、患者団体と製薬協がどのように協働することができるかを検討し、それを推進していくことを目的として、2011年より開催されています。患者団体のみなさんと対話を重ね、共通する課題やその課題解決に向けた協働について意見交換を行っています。アドバイザリーボードのメンバーは、全国を視野に活動を展開し、患者さんにかかわるさまざまな問題解決に取り組んでいる患者団体の代表者により構成されています。2015年度第2回のアドバイザリーボードには、患者団体より6名全員が参加しました(表)。

会場風景
会場風景

表 アドバイザリーボードメンバー
表 アドバイザリーボードメンバー

氏名五十音順

未承認薬等の解消に向けて

患者団体連携推進委員会の喜島智香子委員長による挨拶の後、未承認薬等開発支援センター(Pharmaceutical Development Support Center, PDSC)専務理事の深野寛司氏が、「未承認薬等の解消に向けて−PDSCの取り組み−」と題し、ドラッグ・ラグ、とりわけ未承認薬・適応外薬の解消状況とそれにかかわるPDSCの取り組みについて講演を行いました。このテーマは、製薬業界からの情報提供を求める患者団体のみなさんからの声に応え設定されました。PDSCは、未承認薬等の解消を製薬業界としてさらに積極的に推進するため、製薬協の全会員会社が中心となり2009年に設立されました。「2009年は未承認薬等の開発に向け、国が大きく動きだした時期であり、PDSCの設立は当時としてはエポックメーキングだった」と、深野氏は振り返りました。PDSCは、保健と医療の向上に寄与することを目的として、日本において医療上の必要性が高い未承認医薬品や適応外医薬品など、いわゆる「未承認薬等」の研究開発や承認取得、生産に対する支援や資金補助などを行っています。未承認薬等の解消に向けた国の取り組み、それと一体となった開発企業の取り組みを支援するものです。

前へ123次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ