製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
168号タイトル
トピックスカテゴリ画像
前へ123次へ
「第68回 世界保健機関(WHO)総会」開催される
line03 line03 line03

第68回世界保健機関(World Health Organization、WHO)総会が2015年5月18日から26日までの9日間、スイス・ジュネーブの国際連合欧州本部で開催されました。WHO総会は、190を超える国と地域から国際保健に取り組む政府関係者が一堂に会し、WHOの事業計画・予算やガバナンスも含め、保健医療に関する重要な政策決定に係る議論・決議を行うWHOの最高意思決定機関です。今次WHO総会の議題の中から、特に製薬産業に関連の深い5つのトピックスについて以下に紹介します。

WHO総会の議場。本年よりインターネットによる生放送が開始された
WHO総会の議場。本年よりインターネットによる生放送が開始された

(1)WHOの活動に対する非政府組織(Non-State Actors、NSAs)の
関与のあり方を規定するポリシー枠組み

WHOの活動に対するNSAsの関与のあり方を規定するポリシー枠組みが議論されました。本枠組み文書の策定に向けた議論は、WHO改革の一環として始まったもので、2014年のWHO総会でその草案がWHO事務局から提示されました。
 当該文書では、NSAsを非政府組織(Non-Governmental Organizations、NGOs)、アカデミア、プライベートセクター(民間企業・団体)、慈善団体の4つの組織形態に分類し、それぞれについてWHOとの関与のあり方を取りまとめることが提案されています。企業が主催する会議体へのWHOの参画や、民間企業からWHOへの資金援助など、プライベートセクターによるWHOの活動への利益相反を回避すべきとの懸念を示す意見(主に開発途上国)がある一方、すべてのNSAsのカテゴリーに同様の規制が適用されるべきであるとする見解もあり、加盟国間でさまざまな思惑が交錯する中、議論は混沌を極めています。本年1月に開催されたWHO執行理事会では議論がまとまらず、その後の加盟国間の会合などを経て、今次WHO総会における議論に至っています。
 総会において加盟国による妥協案の合意に至るのか、ポリシー枠組みの決議案の行方に最も注目が集まりましたが、今回のWHO総会では、議論の進捗はみられたものの、文書の採択までには至りませんでした。今後、2016年5月に開催予定のWHO総会での採択に向け、本年秋までに枠組みに関する新たな草案を加盟国間で取りまとめるための政府間会合を開催することが合意されています。

前へ123次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ