製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201501タイトル
topics
前へ1234次へ
「第2回 日・タイ合同シンポジウム」開催される
line03 line03 line03

最後に

今回のシンポジウムの前段に、現在JPMAアジア部会が抱えるタイにおける薬事行政に関する課題について、事前にPMDAと共有してシンポジウムに臨みました。
 その一つとして、昨年のシンポジウムでも取り上げた、日本薬局方をタイでの公的規格として認定していく取り組みの進捗や、それ以外にも事前共有した課題も含め、翌17日に開催される官官のクローズドミーティングで議論することを確認しました。また、このクローズドミーティングの成果についても、可能な範囲で産業界と共有することを合意しました。
 さらに、日・タイ両者の産官からは、このシンポジウム自体が大変意義があるものとの意見も出され、シンポジウムの最後に、3回目の開催が参加者の総意として確認されました。
 本シンポジウムは、当初目的のとおり、これを一つの機会として、両者の相互理解が進み、協力体制の基盤構築に向けた成果が挙げられたものと考えます。本シンポジウムの基本は官主催のものですが、、第3回以降についても、JPMAとして全面的にサポートしていきたいと思います。

パネリストの皆さん
パネリストの皆さん

国際委員会 アジア部会 情報G東南アジアチームリーダー 大野木 毅



前へ1234次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ