製薬協について 製薬協について

Information

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201501タイトル
Imformation
製薬産業理解促進VTR公開中!
「製薬産業の理解のために」
line03 line03 line03

製薬協 広報委員会は、製薬産業理解促進VTR「製薬産業の理解のために」を製薬協ウェブサイトなどで広く公開していま す。
 医薬品は、製薬会社のみならず医療関係者や患者さんの協力のもと、長い年月と膨大な費用をかけて生み出されていま す。また、市販後においても、収集されるさまざまな情報をもとに、より適正で安全な使用方法などが検討され、さらに効 果的な治療へつなげる努力を続けています。
 そうしたプロセスを目にみえる形で伝えることで、多くの方に製薬産業の重要性や新薬の貢献と挑戦について理解してい ただきたいと考え、医療機関・PMDA・特約店・製薬協会員会社など多くの方の協力のもと、このVTRを制作しました(全6章構 成、全編で34分)
 試写を視聴した方からは、「製薬産業とその取り組みが一般の方にも理解できるすばらしい内容である」、「ほどよい情報の 提供の仕方で好感がもてる」、「iPS細胞研究者の山中教授の真摯な姿勢が最初と最後に出てきて、全体を引き締めているよ うに感じた」などの感想が寄せられています。
 このVTRは、製薬協ウェブサイトからも視聴できますので、ぜひ一度ご視聴のうえご活用ください。
(VTR視聴はこちらから:http://www.jpma.or.jp/about/movie/pharmaceutical_industry/)

ペニシリンの発見などを例に、新しいくすりがもたらす大きな価値を訴求します。
line03
京都大学 iPS細胞研究所 教授 山中伸弥氏の「難病で苦しむ患者さんに新しい治療法を提供したい」という熱いメッセージを皮切りに、基礎研究から非臨床試験に至る研究者たちの取り組みを紹介します。
line03
治験コーディネーター、治験参加患者さんのインタビューを交え、臨床試験の位置づけと重要性について紹介します。
line03
PMDA 理事長の近藤達也氏のインタビューを交えPMDAの使命や承認審査プロセスを紹介するとともに、GMPに基づいた厳格な製造管理、品質管理の実態や医薬品の情報提供、安定供給といった医薬品卸売業の役割などについて紹介します。
line03
「育薬」の提唱者である大分大学医学部 教授の中野重行氏や第一線のMRのインタビューを交え、発売後の取り組みとして「育薬」の重要性について紹介します。
line03
山中教授、中野教授による患者さんへのメッセージを交え、本VTRのエンディングとして「アンメット・メディカル・ニーズ」に応えるべく日々挑戦を続ける製薬産業の姿勢を示します。
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ