製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201407タイトル
Comment
START1(現ページ)234562次へ

「ムーブ・イノベーション・キャンペーン2013」の反響
line03 line03 line03

2013年度の製薬協コミュニケーションプランは、2012年度からの3ヵ年計画の2年目にあたり、「ムーブ・イノベーション・キャンペーン2013」と題して実施・展開しました。2013年度は、2012年度の実施状況、アンケートで得た意見などを検証し、キービジュアルやメディアプランなどを見直すとともに、「新しいくすりが、日本を元気にします。」をキャッチコピーとして、「新薬の創出」に関するトピックスを発信し、一般国民の製薬産業に対する認知・理解を高めていくことを目指しました。本稿ではキャンペーン・ウェブサイトを訪問した一般の人からの意見ならびに製薬協会員会社からのアンケート集計結果をもとに、その反響を紹介します。寄せられた意見やアンケート結果には今後の製薬協コミュニケーションプランの展開に大変参考になる貴重な意見が多くみられました。


「ムーブ・イノベーション・キャンペーン2013」の訴求点

 「ムーブ・イノベーション・キャンペーン2013」は製薬産業を取り巻く環境や日々の活動を広く一般国民に理解してもらうため、「新薬の創出」に関して、「アンメット・メディカル・ニーズ」「日本の新薬創出力」「科学技術発展と研究開発」をキーワードとして選定し、テーマに沿ったシンプルなメッセージを、親しみやすく、かつ、インパクトの強いビジュアルとともに紹介しています。本キャンペーンをみた方の「気づき」を通して、製薬産業について認知し理解してもらう機会につながると考えました。


一般の皆さんからの意見

 アンケートでは、「カラフルかつ、誰でも好感のもてるデザインと思いました」、「くすりが『患者個人』ではなく『日本』を元気にするという表現に関心をもちました」、「ビジュアルが以前のものに比べて明るく、目立つようになった」、「とてもわかりやすいウェブサイトなので、多くの人の目に留まるといいと思う」、「漠然としていて興味をもつまでに至らなかった」、「どこに発信し、アピールしたいかわからない」、「日本としての創薬力の向上に産官学が協力して世界に誇れる希望の新薬創出を目指すようなキャッチコピーがほしい」といった貴重な意見を得ました。

START1(現ページ)234562次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ