製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201407タイトル
Comment
前へ12345次へ
「第3回APAC(Asia Partnership Conference of
Pharmaceutical Associations)」を開催
line03 line03 line03

医療技術評価と知的財産

 続いて、アジア医薬品市場における課題である、1)医療技術評価(Health Technology Assessment、HTA)、2)知的財産の2テーマが討議され、今後の取り組みの方向性が提示されました。


1)HTAセッション
  HTAセッションに関しては、結論を出すのが非常に難しいが、引き続き情報交換と議論を継続していくこと、HTAをどのように活用していくかということに英知を振るわなければならないこと、また、革新的な医薬品に対する患者のアクセスを阻害してはならない、そのためにHTAに関して引き続き議論をしていくことなどが確認されました。

ここに写真phot02


2)知的財産セッション
  知的財産セッションに関しては、各パネリストの報告から各国に共通する問題として、強制実施権、二次的特許の拒絶/無効化、権利執行上の問題、データ保護期間/再審査期間、医薬品承認ー特許リンケージが挙げられ、今回のIPセッションに参加しなかったAPAC国の知財状況についても今後調査をしていく必要性が確認されました。

ここに写真phot02

前へ12345次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ