製薬協について 製薬協について

市民・患者とむすぶ

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201403タイトル
Comment
前へ123次へ
「第10回患者団体アドバイザリーボード」を開催

~患者団体と製薬企業との協働について~

line03 line03 line03

2014年3月6日、大阪の住友クラブ会議室で「第10回患者団体アドバイザリーボード」が開催されました。今回は、「患者団体と製薬企業との協働について」をテーマに、アドバイザー10名(表1)のうち8名、オブザーバーとして患者団体連携推進委員会より14名、製薬協事務局から5名が同席しました。
遠藤副委員長より、アドバイザリーボード3年間の取り組みを振り返ったのち、「患者団体と製薬企業との協働について」をテーマに、アドバイザー8名と委員会役員等が2つのグループに分かれディスカッションが行われました。

患者団体連携推進委員会 連携企画部会 三浦 麻衣子


 表1 2013年度「患者団体アドバイザリーボード」メンバーリスト

表1 2013年度「患者団体アドバイザリーボード」メンバーリスト

アドバイザリーボード3年間の振り返り

 患者団体連携推進委員会の遠藤永子副委員長より、2011年の患者団体アドバイザリーボード発足以来、アドバイザリーボードと製薬協患者団体連携推進委員会が、どのように患者会と製薬企業との共通課題を特定し対話を進めてきたか、3年間の歩みについて説明がありました。

●2011年は、製薬協と患者団体が共通で抱える課題として、①医療用医薬品の適正使用情報提供、②医薬品の開発・適応拡大を抽出しました。

 初年度は、医療用医薬品の適正使用情報提供について、行政、企業、製薬協それぞれの立場からの取り組みやかかわる法規制の現状を共有し、課題について話し合うとともに、厚生労働省、医薬品医療機器総合機構(以下PMDA)とPMDAホームページの改善点や認知向上の必要性について意見交換を行いました。

●2012年度は、医薬品の開発・適応拡大をテーマに、「臨床研究・治験活性化5カ年計画2012」について、国民・患者への普及啓発に関する意見をまとめ厚生労働省 医政局 研究開発振興課に提案するとともに、アクションプランに関して厚生労働省・国立保健医療科学院と対話、提案をしました。

●2013年度は引き続き、国立保健医療科学院と臨床研究(試験)情報検索ポータルサイトの将来像について意見交換を続けるとともに、各団体の活動と課題の共有を通じて今後の患者団体活動を考えました。

 これらの3年間の取り組みを通じ多くの学びがあり、患者団体と製薬協の信頼関係が構築されつつあることを実感しています。

前へ123次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ