くすりについてくすりについて

データベース研究入門

近年,Real World Data(RWD)が注目されている.2015年度データサイエンス部会タスクフォース3は,医療データベース協会の協力を得て,RWDの中でも医療情報データベース(DB)を使用するDB研究についてまとめた.そもそも医療情報DBとはどのようなものか,その由来や種類,特徴,限界などについて紹介し,また仮想事例とともに製薬企業がDB研究を企画・実施する場合に必要な準備や注意点などについても検討している.なお,DB利用に限らない観察研究の基本的な知識や考え方の解説は,本報告書のスコープ外であり,成書をはじめ,これまでにデータサイエンス部会から公表されている報告書などを参照されたい.DB研究には魅力的な点もある一方,理解しておくべき限界もある.本報告書が医療情報DBの適切な利活用の一助となれば幸いである.



(2015/11/19 レファレンスを一部訂正)

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM