くすりについてくすりについて

医療用医薬品添付文書情報の電子ファイル作成の手引き ―XML形式―
暫定版第1版発行のお知らせ

 日本製薬工業協会医薬品評価委員会 電子化情報部会タスクフォース2-2では、医療用医薬品等の添付文書電子フォーマットの検討を中心に活動しております。
 2019年4月1日より添付文書新記載要領が施行となり、PDFと共に添付文書の情報提供に併用する電子ファイルのフォーマットがXML形式となりました。これを受け、新記載要領版添付文書の届出に必要なXMLファイル作成を円滑に行うための留意点等を解説するために、手引書を作成、発行いたしました。なお、現時点では最低限守る必要があるルールを早期に業界全体に周知するため、「暫定版第1版」としております。今後、新記載要領対応版の添付文書の事例収集及びPMDA作成の資料等の情報を踏まえ、改訂してまいります。
 今後、医療用医薬品添付文書のXMLファイル作成に際し、本手引きをご活用頂けますと幸いです。



このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 第31回製薬協政策セミナー
  • 夢のメディ神殿 2019スペシャル
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • 情報番組「くすりの今と未来~最新創薬レポート~」
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM