くすりについてくすりについて

 日本における治験ネットワークの現状調査結果2012

2012年11月から2013年1月までの間に、大学・医師会・医療法人・独立行政法人等の医療機関が主導する全国38のネットワーク(「医療NW」)、ならびにSMO企業が主導して医療機関をまとめる全国40のネットワーク(「SMONW」)から寄せられた回答をまとめました。調査結果は、(1)基本情報、(2)症例集積・進捗管理、(3)IRBの体制、(4)各種調査の依頼方法・調査方法、(5)治験ネットワークの特長・課題、の5つに分類しております。また、調査結果のほかに参考資料としてwebアンケートのフォーマットと回答に協力してくださった治験ネットワーク(医療NW・SMONW)の一覧を別添に掲載しています。



【別添】




このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM