くすりについてくすりについて

 理想的な治験ネットワークの要件と自己評価

治験ネットワークにおける症例集積性の向上と治験業務の効率化において重要と考えられる要件を「治験実施体制」、「施設選定」、「マネジメント」ならびに「情報公開」に分類してまとめました。また、治験ネットワーク自己評価シートの活用方法について述べています。




【治験ネットワーク自己評価シート】
 治験ネットワークにおける症例集積性の向上と治験業務の効率化において重要と考えられる要件の達成状況を自己チェックして把握し、数値として公開するためのツールとして作成しました。本シートを用いて自己チェックした結果を公開することで、自らの治験ネットワークの不足部分の把握・改善、また治験依頼者へのアピールにつながることを期待しています。




このページのトップへ

  • ひろがれ、未来。
  • 第31回製薬協政策セミナー
  • 薬剤耐性菌(AMR) アクションファンド 設立発表 記者会見  2020年7月10日
  • やまぐち!ブチ元気!~もっと知りたいくすりの話~
  • 夢のメディ神殿 2020スペシャル
  • Quiz Knockに挑戦!!~くすりの未来を考える~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • あなたのくすりいくつ飲んでいますか?
  • くすり研究所
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM