くすりについてくすりについて

国内治験環境の分析並びに改善点の検討

医薬品評価委員会臨床評価部会では、2003年度より臨床評価部会加盟会社を対象に治験の実施環境について継続的に調査しております。今回、10年間にわたり収集したデータを統合して各種集計を行い、経年推移やコスト・スピード等に影響を与えた要因、また今後の課題について検討しました。治験環境の傾向や現状、また問題点等について関係者の皆様が共有することで、今後のさらなる治験環境の改善につながれば幸いです。



このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM