くすりについてくすりについて

承認取得品目の臨床データパッケージの調査・分析

医薬品評価委員会臨床評価部会の継続課題対応チーム(KT10)は、臨床データパッケージの最適化のための提言を目指し、国内において承認された品目の臨床データパッケージを2010年度より継続的に調査・分析しています。
今年度も承認取得品目データベースについて、PMDAの公開情報を基に四半期毎に更新の上、情報公開するとともに、本データベースを活用して外国データの利用状況を分析しました。また、国際共同治験を用いた品目について臨床データパッケージの構成を図示し、その詳細を報告書としてまとめました。
なお、2010年度からの継続的な活動内容について,参考までに報告書を掲載しますので適宜ご参照下さい。

 

【データベースと集計結果】

【報告書】

【参考:過去の報告書】

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM