くすりについてくすりについて

SDVの効率化検討

2007-8年度の重点事業として“治験の効率化の推進”を掲げ、SDVに関する問題を検討し、“現行のSDVに対する改善提言”及び“サンプリングSDVに関する提言”の2本の柱とした“SDV効率化の検討”としてまとめました。また、モニター(CRA)がSDVの際にどのような視点で実施しているのかを実施医療機関へ伝えるコミュニケーションツールとして、“直接閲覧時のモニターの視点”を作成いたしました。

両資料が本邦における治験の効率化の推進の一助となりましたら幸いです。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM