くすりについてくすりについて

既存の国内リアルワールドデータを医薬品開発にどこまで活用できるか

 国内医薬品開発へのRWD活用促進を目的として、国内リアルワールドデータ(RWD)の既存のデータベース(DB)を用いて、代表的な医薬品開発への活用場面でどこまで出来るのかを検討しました。

  • 【活用場面】 開発戦略立案の効率化、臨床試験デザインの最適化、RWDを活用した臨床試験、ヒストリカルコントロールとしての活用
  • 【検討したRWD】 JMDC、MDV、HCEI/RWD、クロエ(2019年4月に3Hメディソリューション株式会社に商号変更)、SCRUM-Japan

 RWDを未だ活用していない製薬企業には導入のきっかけとして、また、導入済みの企業はDB選択や医薬品開発への更なる活用に役立つと考えます。製薬企業以外の方々にも、本報告書を通して医薬品開発でのRWD活用の具体的な内容を知っていただければ幸いです。



このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 第31回製薬協政策セミナー
  • 夢のメディ神殿 2019スペシャル
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • 情報番組「くすりの今と未来~最新創薬レポート~」
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM