くすりについてくすりについて

治験ネットワーク活性化活動に関する報告書

 2013-2014年度臨床評価部会特別プロジェクト-1では、公募により選定した治験NWが、企業にとって理想的な機能・役割を実装した優良な治験NWへと活性化するための相談・助言を行いました。
 本プロジェクトの活動プロセス、「優良な治験NWとなるための具体的な機能・役割」に該当すると考えた活動内容(Best Practice)については報告書の本文に記載し、個々の治験NWの改善に向けての具体的な活動内容を別冊に纏めています。
 本報告書が個々の治験NWが活性化活動を進めるための一助となり、治験NWの活用と日本の治験の活性化に繋がれば幸いです。









このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM