くすりについてくすりについて

患者の声を活かした医薬品開発 -製薬企業によるPatient Centricity-

臨床評価部会では患者と共に進める医薬品開発を目指し、「患者の声を活かした医薬品開発(Patient Centricity)」というテーマに2016年度より取り組んでいます。初年度は製薬企業の医薬品開発におけるPatient Centricity活動(以下、本活動)の必要性を検討することを目的として、本活動の定義、日米欧の規制当局及び官民連携組織、製薬企業の現状を調査いたしました。引き続き2017年度には、製薬企業による具体的事例の調査、それに伴い見出された課題や効果を分析しました。更に、製薬協 患者団体連携推進委員会との協働によりインタビュー調査を通じて患者や患者団体の声を実際に確認し、部会資料として報告書にまとめました。
タスクフォースの最終的な目標は、製薬企業での患者の声を活かした医薬品開発の実装です。製薬企業が日本で本活動を開始する際の一助として、本報告書をご活用いただければ幸いです。




このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 夢のメディ神殿 2018スペシャル
  • 情報番組「くすりの今と未来~最新創薬レポート~」
  • 情報番組「知りなっせ!聞きなっせ!~たいが気になるおくすり事情~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM