くすりについてくすりについて

ネットワークメタアナリシスの概要および留意事項 ― ISPORレポート(2011)を参考に ―

 医薬品評価委員会データサイエンス部会2019年度TF4ではネットワークメタアナリシスの概要および留意事項をまとめました。
 ネットワークメタアナリシスは、薬剤の有効性や安全性などのアウトカムについて、複数の試験結果を基に、直接的な薬剤間比較(直接比較)に加え、間接的な薬剤間比較(間接比較)を可能とする方法論です。近年、適応事例が報告されており、その結果を治療ガイドラインの策定や医療政策決定のための情報として活用することが考えられています。一方で、方法論の複雑さなど、活用するための留意事項があります。本製薬協レポートでは、ISPOR(国際医薬経済・アウトカム研究学会)が2011年に公表したレポートを参考に、ネットワークメタアナリシスの概要と留意事項を解説します。




このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 第31回製薬協政策セミナー
  • 夢のメディ神殿 2019スペシャル
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM