くすりについてくすりについて

治験責任医師とは

目次

治験責任医師とは

  • 病院内で治験全体を監督する役目を担う責任者です。
  • 治験を担当する医師やスタッフを指導します。
  • 患者さんの病気に関する専門家としての豊富な臨床経験、治験を適切に実施できる十分な治験の知識があります。
  • 全国の多くの医師の中から治験依頼者(製薬企業)によって選ばれた医師です。

治験責任医師の主な業務

  • 治験薬の性質、動物のデータ、既に終了した治験の確認
  • 治験計画の確認
  • 患者さんに説明する同意文書の作成
  • 治験審査委員会(IRB)に提出する資料の作成
  • 治験審査委員会(IRB)への出席及び治験の説明
  • 治験参加基準に適合している患者さんの確認
  • 患者さんへの治験内容の説明と文書による同意取得
  • 服薬指導・観察・問診・検査の実施
  • 患者さんの副作用の確認、副作用の適切な処置
  • 患者さんの検査データ等の治験依頼者(製薬企業)への報告
  • 患者さんの質問、疑問、不安などの相談への対応

<<前の内容 次の内容>>

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM