くすりについてくすりについて

我が国における適正な治験費用の実現に向けて
~Fair Market Valueに基づいた治験費用算定プロセス~(2019年5月)

 2018年度臨床評価部会TF-4では、「適正な治験費用算定プロセス」を日本に導入・普及することを目的として、Fair Market Value(以下、FMV)に基づいた治験費用算定プロセスの啓発スライド(以下、本スライド)を作成した。本スライドでは、治験費用の現状と適正な治験費用を算定するための課題をまとめ、治験費用の適正化に向けた解決策として、諸外国で広く浸透しているFMVに基づいた治験費用算定プロセスの導入を提案するとともに、その一例としてベンチマーク型コスト算定を紹介している。
 治験依頼者と医療機関の双方がFMVの考え方を理解し、FMVに基づいた治験費用算定プロセスの活用を検討する際や関係各所へ啓発する際に、本スライドをご活用いただきたい。
 本スライドが、日本の治験費用の適正化や国際競争力の維持に資することを期待する。






【関連する過去の成果物】

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 第31回製薬協政策セミナー
  • 夢のメディ神殿 2019スペシャル
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM