くすりについてくすりについて

データマネジメントの革新的変化
SCDM Reflection papers "The Evolution of Clinical Data Management to Clinical Data Science" の紹介

臨床試験は、試験デザインの変革が進み、活用できる/すべき技術が進化している。また、規制面、臨床試験で求められている品質など、考慮すべきこと、解決しなければならないことが多様化している。
上記を踏まえ、臨床試験のデータマネジャーとして、必要とされるスキルセット、成すべき役割、目指すべき将来像を整理・理解する際に必要な情報として、Society for Clinical Data Management (SCDM)から2019年6月(初版)および2020年3月(Part 2)にリリースされた Reflection papers 「The Evolution of Clinical Data Management to Clinical Data Science」を紹介する。

なお、本書はCOVID-19の影響でデータマネジメントの変革が待ったなしの状況下で、いち早くリリースすることを目的に、SCDM reflection papersの紹介のみに特化した、スライド形式の成果物である。製薬協としての見解は本書には含まれておらず、具体的な課題や対応策等は引き続き検討を進めていく予定である。




このページのトップへ

  • ひろがれ、未来。
  • 第31回製薬協政策セミナー
  • 薬剤耐性菌(AMR) アクションファンド 設立発表 記者会見  2020年7月10日
  • 夢のメディ神殿 2020スペシャル
  • Quiz Knockに挑戦!!~くすりの未来を考える~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • あなたのくすりいくつ飲んでいますか?
  • くすり研究所
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM