くすりについてくすりについて

国際共同治験での民族的要因の検討方法 3-layer approachの実践

小宮山氏らが提案した3-layer approachを実践するための解析方法について議論した報告書です。本年6月にICH E17ガイドライン「国際共同治験の計画及びデザインに関する一般原則」が公表されましたが、このガイドラインにも沿った内容であり、国際共同治験データの新たな解析方法を提案しています。





このページのトップへ

  • ひろがれ、未来。
  • 第31回製薬協政策セミナー
  • 薬剤耐性菌(AMR) アクションファンド 設立発表 記者会見  2020年7月10日
  • やまぐち!ブチ元気!~もっと知りたいくすりの話~
  • 夢のメディ神殿 2020スペシャル
  • Quiz Knockに挑戦!!~くすりの未来を考える~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • あなたのくすりいくつ飲んでいますか?
  • くすり研究所
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM