製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
167号タイトル
トピックスカテゴリ画像
前へ12345次へ
「製薬協メディアフォーラム」を開催
line03 line03 line03

製薬協広報委員会は2015年2月5日、「熱帯感染症と製薬企業の取り組み」をテーマに都内においてメディアフォーラムを開催しました。国立国際医療研究センター研究所 熱帯医学・マラリア研究部 部長の狩野繁之氏からは、顧みられない熱帯病(Neglected Tropical Diseases、NTDs)や新興・再興感染症、三大感染症などの現状と課題について、製薬協 国際委員会 グローバルヘルス部会 部会長の佐々木小夜子氏からはNTDsと三大感染症に対する製薬協の取り組みと考えについて、それぞれ講演および質疑が行われました。両氏の講演の概要は以下の通りです。

会場風景
会場風景

狩野 繁之 氏

「熱帯感染症についての現状と課題」

国立国際医療研究センター研究所 熱帯医学・マラリア研究部 部長 狩野 繁之

line03

感染症の分類方法はいろいろありますが、本日は熱帯感染症を社会学的、経済学的な切り口から、また、輸入感染症、旅行者感染症、薬剤耐性感染症といったものの概念についてお話ししていきます。
 現在、地球上では149の国と地域でNTDsが流行しており、そのうち少なくとも100の地域で2つ以上のNTDsが、30ヵ国では6つ以上のNTDsが蔓延しています。
 なぜこれらの感染症が顧みられないのかというと、病気が慢性の疾患であり、直ちに命を失うものではないためです。慢性の疾患なので治療に時間がかかるうえ患者数も多いため、累積すると感染地域において相当な経済的損失が発生しています。
 私はラオス政府からの依頼によりビエンチャンでメコン川の水系感染症である「タイ肝吸虫症」と「メコン住血吸虫症」の対策研究を行っています。
 タイ肝吸虫症は感染者の糞便から排出された虫卵が、淡水の生態系の中で成長しながら川魚に寄生し、それを人が摂取することで感染します。体内に入った成虫は虫卵を胆管内に産むので肝障害を起こし、最後は胆管がんなどに移行します。
 昨年12月に現地の小学校で検便を行ったところ、192検体のうち約40%の子供たちが寄生虫卵陽性で、そのうち半分以上がタイ肝吸虫卵陽性でした(図1)。1日の調査だけで約25%の子供が陽性ということは、年間を通せば100%の子供がタイ肝吸虫卵の感染リスクにさらされていると考えられます。川魚の生食に対する行動変容や清潔なトイレでの排便行動などの教育を行っていますが、浸透にはまだまだ時間がかかりそうです。
 メコン住血吸虫症も含めた対策として、「プラジカンテル」を年に1度、感染の有無に関係なくすべての子供たちに投薬していますが今のところ治療と感染のイタチごっこの状態です。アステラス製薬がプラジカンテルの小児用製剤の開発に努めていると聞いており、期待しているところです。

図1 糞便検査結果

図1 糞便検査結果
前へ12345次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ