創薬イノベーション

体内のワルモノだけをロックオン。 体内のワルモノだけをロックオン。

イメージ画像

それって?

ピンポイントでがん細胞を狙い撃つ、
頼れるスナイパー。(分子標的薬)

「分子標的薬」は、ピンポイントでがん細胞を攻撃します。悪さをする細胞だけを抑え、がん細胞の増殖や転移を防ぐ狙いを持ったくすりです。がん細胞以外の正常な細胞にダメージを与えるリスクが軽減されるため、副作用が比較的軽度になると言われています。
慢性骨髄性白血病(血液のがん)への治療薬をはじめ、これまで多数の「分子標的薬」が開発されていますが、最近では、分子標的薬同士の併用療法などの開発も、さまざまながんの種類で進められています。また、これまで「分子標的薬」の導入は、手術が不可能な進行再発がんの治療を中心に進められていましたが、現在はより早期の段階での肺がんの術前・術後療法など、その導入の幅も広がっています。

pagetoppagetop