医薬品評価委員会 我が国における適正な治験費用の実現に向けて(音声解説) Fair Market Valueに基づいた治験費用算定プロセス

臨床評価部会

2019年5月に公開している「我が国における適正な治験費用の実現に向けて〜Fair Market Valueに基づいた治験費用算定プロセス〜」資料に、音声による解説を加えた動画を作成し、公開いたしました。
治験の国際化が進み、国際共同治験が益々増加する中、治験費用においてもFair Market Valueに基づいた「適正化」と「透明性」の確保が求められています。今後、治験デザインの複雑化・多様化が更に進むとともに、治験の実施方法や手法も変革期を迎え、従来のポイント算出表に基づく治験費用の算定方法から、各治験依頼者や各実施医療機関が早急にFair Market Valueに基づいた治験費用算定プロセスの導入に取り組むことは重要となってきています。
多くの治験依頼者、実施医療機関、CROやSMOを含むすべての関係者が共に協力してFair Market Valueに基づいた治験費用算定プロセスの導入を進め、国際的に標準化されている考え方やルールへ適合していくことで、今後も日本が医薬品開発における国際競争力を維持し,革新的で有用性の高い医薬品の患者さんへの迅速なアクセスの推進に繋がることを期待しています。

各セッションの解説開始時間

1:31  1.日本の治験費用に対するこれまでの取り組み
2:50  2.適正な治験費用とは?
4:14  3.日本の治験費用の支払いの現状
8:13  4.日本の治験費用の算定の現状
12:28 5.適正な治験費用の算定のために
22:16 6.日本での適正な治験費用の算定に向けて
26:16 7.最後に

本動画の中で触れている「実績に基づいた治験費用の支払い方法を我が国に定着させるためにMilestone paymentの導入に向けて(2018年7月)」は下記リンクからアクセス可能です。併せてご覧ください。

https://www.jpma.or.jp/information/evaluation/results/allotment/milestone_payment.html

このページをシェア

TOP