マラリア

マラリア治療薬の開発 エーザイは、ケンタッキー大学、Medicines for Malaria Venture(MMV)と共同研究契約を締結し、マラリア蔓延地域での治療に適した、即効性と安全性に優れ、1度の服薬で持続的な治癒と再発防止も併せて期待できる新規薬剤SJ-733の臨床試験(Phase1)を実施しております。
マラリア治療薬の開発 武田薬品は、Medicines for Malaria Venture (MMV)と協働して、抗マラリア薬のヒット化合物取得のためにスクリーニングプロジェクトを実施しています。
武田薬品は、Medicines for Malaria Venture (MMV)とメルボルン大学 Bio21 Molecular Science and Biotechnology Instituteと協働して、抗マラリア薬のリード化合物探索プロジェクトを2件実施しています。
武田薬品は、Medicines for Malaria Venture (MMV)と協働して、抗マラリア薬のリード化合物探索プロジェクトを1件実施しています。
マラリア治療薬の開発 エーザイは、ブロード研究所と新規抗マラリア薬開発のための共同研究により、臨床候補薬BRD5018を特定しました。マラリアを迅速に治癒させ、マラリア原虫の伝播を断ち切ることでマラリアの再発を防ぐ経口薬の開発をめざします。
マラリア治療薬の開発 エーザイは、マラリア原虫に対する新規薬剤のターゲット分子GWT-1を見出し、それに対する阻害活性を持つ臨床候補薬E1511を、Medicines for Malaria Venture(MMV)との連携により共同研究開発しております。
開発途上国における感染症制圧に向けたスクリーニング・Hit-to-Leadプログラム(GHITファンドプログラム) エーザイはGHITファンドによるマラリア治療薬、リーシュマニア症、シャーガス病のための候補物探索のためのプログラムに参画しています。
開発途上国における感染症制圧に向けたスクリーニング・Hit-to-Leadプログラム(GHITファンドプログラム) 第一三共はGHITファンドによるマラリア治療薬の候補物探索のためのスクリーニングプログラムに天然物ライブラリーを用いて参画しています。
開発途上国における感染症制圧に向けた製品開発プログラム(GHITファンドプログラム) 田辺三菱製薬はGHITファンドによるマラリア治療薬、リーシュマニア症、シャーガス病のための候補物探索プログラムに参画し、自社化合物ライブラリの提供を行っております。マラリアにおいては、スクリーニングより見出した有望化合物をもとに構造最適化研究によるPC候補品の創出を目指しております。
開発途上国における感染症制圧に向けたスクリーニング・Hit-to-Leadプログラム(GHITファンドプログラム) アステラス製薬はGHITファンドによる結核及びマラリアの候補物探索のためのスクリーニングプログラムに参画し、化合物ライブラリーを提供しています。また、GHITファンドによるNTDs(リーシュマニア症・シャーガス病)のリード化合物創出を目指すHit-to-Leadプログラムに参画し、化合物ライブラリーを提供しています。
マラリアワクチンの開発 大日本住友製薬は、GHITファンドの出資を受けて、PATHと愛媛大学とで至適化されたマラリア抗原Pfs230D1+と当社TLR7アジュバントDSP-0546Eで構成されるマラリア伝搬阻止ワクチン製剤の前臨床開発を実施しております。本プロジェクトで開発を進めるワクチンはマラリア撲滅の達成に貢献すると考えられます。

このページをシェア

TOP