医薬産業政策研究所

重点課題

1. 政策研究事業

1)医薬品を巡る次世代の制度政策の在り方

テーマ① Value based medicine/healthcareにおける医薬品(ヘルスケアソリューションも含む)の多面的な価値評価に関する研究

  • 医薬品の多面的な価値、特に患者や経済的視点での社会的価値について研究し、価値の見える化や必要な制度・政策提言を行う。
  • 医薬品の社会的な価値評価に関して、五十嵐中客員准教授(東京大学)との共同研究を継続し、アウトカム指標・測定方法等に関する調査・研究を行う。
  • 海外機関や国際学会を中心に、多面的価値評価の現状や最新動向を調査する一方、デジタルを活用したヘルスケアソリューションの価値評価についても調査し、医薬品への波及の可能性等を検討する。

2)将来の医薬品産業における課題

テーマ② 次世代ヘルスケアと製薬産業ドメインの在り方に関する調査研究

  • ヘルスケアパラダイムシフトを「技術革新による高度化」「サービス対象範囲の拡大」の面で進展する動向をまとめるとともに、現状の課題を整理する。
  • その中で期待されるヘルスケアソリューションの研究開発の方向性を捉え、製薬産業の競争優位性などの観点も踏まえて、「産業ドメインの在り方」や「新しいビジネスモデル」を検討する。
  • 関係学会や次世代ヘルスケア関連講演会への参加により情報収集に取り組む。また外部エキスパートとの交流の機会を積極的に設定する。

3)革新的医薬品創薬に資する研究開発基盤

テーマ③ データ駆動型研究・開発によるパラダイムシフト

  • RWDの活用実態、スマートハウス・リビングラボなどによるPHRの活用などを積極的にフォローする。
  • 医療現場のデータのみならず、PHRやウェアラブルで取得されるオンタイム個人データ、リビングラボなどの生活環境で得られるデータ、ゲノム・オミックスデータ等の様々なデータを研究開発に活用する方向性を検討する。
  • 関係委員会とのコラボレーション、エキスパートとの情報交換等を積極的に活用する。関係学会やICT企業・ベンチャー企業の講演への参加により情報収集に取り組む。

テーマ④ 多様なステークホルダーとの連携を活用した共創型医薬品創出環境に関する研究

  • 医薬品創製における製薬企業の連携に関して、連携手法、連携先種別、連携の成果等の現状について調査する。
  • 医薬品創製における国内外アカデミア・創薬ベンチャーと製薬企業との連携に関して調査する。
  • 関係委員会とのコラボレーションに積極的に取り組む。創薬ベンチャーやベンチャーキャピタル等との意見交換を実施する。関係学会やセミナーへの参加により情報を収集する。

2. 産業調査事業

1)調査・分析業務

  1. 各種定点調査の効率化および高付加価値化

    • 新薬の審査期間調査・分析(公表データに基づく2020年日米欧承認品目調査の分析結果報告および2021年国内承認品目調査)、新薬創出国調査・分析等
    • 新薬創出に関する国際比較調査
    • 2020年度活動概況調査
    • DATA BOOK2022 の更新・Web公開
  2. 産業政策の重要課題解決に繋がり得る提案発信を目指した調査・分析

    • 薬価制度、薬剤費に関する課題
      2018年度薬価制度抜本改革以降の毎年改定の影響分析
    • 研究開発税制に関する課題
      2021(令和3)年度税制改正の影響分析
  3. アカデミアとの共同研究実施を通した産業調査機能の高度化

    • 薬品市場特性調査・分析(慶應義塾大学と共同研究案)
    • 医療ニーズ調査・薬剤貢献度分析(明治薬科大学と共同研究)

2)「産業調査データベース(DB) 」の運用と維持・更新

  1. 製薬協会員向けデータベース「産業調査DB」の拡充

    • ニーズに応え得る掲載データの拡充
    • 委員会事務局の協力の下、啓発活動の推進等による利用促進
  2. 製薬協権限付与メンバー向け分析ツール「産業調査DB」の拡充

    • 分析ツールの利用促進
    • 分析レポート、ソースデータの充実と、インターネット経由専用セキュア・ネットワークを介した分析ツールへのアクセスサービスの維持・管理
  3. 産業調査DB新システムの円滑稼働

    • ユーザーサポートとトラブルシューティング
    • 新システム移行

3)産業政策委員会を中心とする製薬協活動支援業務

  • 産業振興部会(Innovation & Value WG、Pricing WG、Access WG)
  • 税制部会
  • イノベーション推進部会
  • 国内データ保護制度TF(知的財産委員会)
  • UMN検討プロジェクトTF(医薬品評価委員会)
  • 会長サポートG支援対応

このページをシェア

TOP