製薬協について 製薬協について

Topics|トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
195号タイトル
トピックス画像
前へ12345次へ
「第1回 日本-ベトナム合同シンポジウム」を開催
line03 line03 line03

2019年10月8日、ベトナム・ハノイにて独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)およびベトナム医薬品管理局(DAV)主催で「第1回 日本-ベトナム合同シンポジウム」が開催されました。製薬協およびベトナム日本医薬品部会(JPAV)が協賛団体として本シンポジウムの運営に協力しました。本シンポジウムは両国の薬事の相互理解を深め、医薬品規制や開発のより良き発展を目指すことを目的としています。両国の医薬品登録に関わる官民が一堂に会した初めての場となりました。基調講演に続き、「Overview of the Regulatory system」「Pharmaceutical Review」「Pharmacovigilance」の3テーマで両国より講演があり、参加者からも多くの質問が出され熱心な議論が行われました。

集合写真
集合写真

はじめに

ベトナム保健省近隣のプルマンホテルが会場となりました。参加者総数は199名、うちベトナム当局および専門家は38名、日本当局から9名、ベトナム企業からは71名、日本企業からはJPAV加盟のベトナムからの参加者も含め81名でした。また在ベトナム日本大使館から一等書記官の清水貴也氏が参加しました。
 開会にあたってPMDA理事長の藤原康弘氏、DAV副局長のDo Van Dong氏より挨拶がありました。Dong氏から、1973年国交樹立以来、両国は政治・経済・文化交流による良好な関係を築いており、2000~2016年には日本がベトナム最大の政府開発援助(ODA)支援国となり教育・農業・エネルギー等広い分野へ協力が及んでいること、保健医療分野では独立行政法人国際協力機構(JICA)を通じて進行している混合ワクチンの製造技術移転をはじめとした多くのプロジェクトがあることが紹介されました。両国保健当局間ではハイレベル会合、特に2019年4月のアジア規制当局ネットワーク会合にはベトナム保健省からの参加もあり、協力関係はますます強化されています。藤原理事長は、今回のシンポジウムが2国間のさらなる関係強化につながることを期待すると挨拶を結びました。
 以下、講演の内容を記載します。

前へ12345次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ