製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
182号タイトル
トピックス画像
前へ123次へ
2017年度コード理解促進月間について
社会から信頼される製薬業界へ
line03 line03 line03

2.昨年度の点検項目の事例紹介と今年度の具体的な点検項目の例示

企業活動の適正化に向け各会員会社が部門・職場ごとに独自の具体的な点検項目を設定する際の一助となるように、コード・コンプライアンス推進委員会が2017年9月28日に企画・開催した第2回コード実務担当者会において、「昨年度の点検項目の事例」と「私たちの職場の点検項目」について例示し説明しました。
 「昨年度の点検項目の事例」については、会員会社の展開事例として「1.昨年度の当社内への投げかけ方」、「2.各職場の点検項目の調査結果」、「3.評価と反省」を、また今年度の具体的な点検項目の例示として「私たちの職場の点検項目」について、以下の14項目、21の具体的事例を説明しました。

医療関係者との交流

 ・医療機関等を訪問する際は、当該医療機関等が定める規律を守り、秩序ある行動をします。

プロモーション用資材

 ・プロモーション用資材は社内の審査を受けたものだけを使用し、手作り資料等は使用しません。
 ・情報発信に当たっては、社内で精査することにより、正確かつ適切な発信を行います。
 ・情報を作成・発信する際には、コードを遵守するだけでなく第三者の目線を意識して判断します。

ソーシャルメディア

 ・ソーシャルメディアの情報発信は、会社の責任であることを理解し、個人の判断に基づいて情報発信を行いません。

講演会および会議

 ・講演会の発表内容について信頼性を確保する体制を整備し規制や発表内容の品質確保を図ります。
 ・講演会等の企画は社内関係部署に事前に相談します。
 ・芳名帳などの個人情報の管理を適切に行います。

業務委託

 ・委託先、仕入先、下請業者等との取引に際しては、適切な取引関係を推進するため、社内外の規範、コードを遵守します。

物品・金銭類の提供

 ・医薬品の品位を損なうような物品や、社会の理解、納得を得られ難いような物品や金銭類を提供しません。

試用医薬品

 ・製剤見本、臨床試用医薬品の管理が適切に行われているか確認します。

試験・研究活動

 ・研究施設や研究委託先機関と適切な契約書を締結し、契約内容を遵守します。
 ・発表内容の科学性・倫理性を事前にチェックして信頼性を確保する体制を整備し発表内容の品質確保を図ります。

患者団体との協働

 ・患者団体の独立性を尊重し、出版物の内容・発言等に影響を与えません。
 ・患者団体透明性ガイドラインに基づいた自社の指針を策定し、情報の公開を行います。
 ・患者団体との協働に関するガイドラインに基づいた自社の指針を策定し、指針に沿った活動を行います。

卸売業者との関係

 ・卸売業者との関係について、公正かつ倫理性・透明性のある自社の基準を定め、遵守します。

前へ123次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ