製薬協について 製薬協について

製薬産業のトータルコーディネーターとして

革新的な医薬品の創出を通じて、
世界の人々の健康と福祉の向上に貢献します。

私たち日本製薬工業協会(製薬協)は、革新的で有用性の高い医薬品の開発と製薬産業の健全な発展を通して、日本および世界の人々の健康と福祉の向上に貢献することをめざす研究開発志向型製薬企業の団体です。

日本の製薬産業の研究開発力は世界的に見ても高い水準にあり、新薬を創出できる数少ない国のひとつです。今世紀に入ってから、遺伝子(ゲノム)研究・再生医療などライフサイエンスの分野では目覚しい進歩が見られており、今後それらの成果や最新のテクノロジーを優れた医薬品の創出につなげていくことを通じて、引き続き患者参加型医療に貢献してまいります。また、未承認薬・適応外薬の解消についても製薬協の中における最重要課題の一つとして強力に推進しています。既に企業に開発要請のあった医薬品については、保険適用あるいは承認取得によって多くの医薬品の臨床使用が可能となりました。さらに今後も、この取り組みを積極的に継続してまいります。

医薬品の研究開発には長い年月と多額の費用を要するだけでなく、その成功確率が年々低下しています。そのような中、製薬産業は資源の乏しいわが国において、数少ない「イノベーションを実現する産業」の一つであり、基幹産業として日本をリードする役割を果たしていかなければなりません。製薬協としては、各省庁の枠を超えてのライフサイエンス関連予算の一本化、イノベーション施策の司令塔機能の強化、ならびに法人税の低減・研究開発に関する優遇税制の充実など、イノベーションの推進に重要な施策の実現をこれまで以上に強く訴えてまいります。さらに、イノベーションの結果生み出された新薬の価値が、適正に評価される薬価制度である「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」の本格実施と恒久化の実現に向けた取組みも継続してまいります。

製薬協においては、「業界一体となったコンプライアンスの徹底」を最重要5課題の最初の項目として挙げています。「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」に加え、あらたに策定した「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」についても、関係各位の協力を得ながら、理解促進と定着をはかり、透明性の高い企業活動を促進してまいります。

製薬協では、「世界の人々の健康と福祉の向上に貢献する産業」をめざして、関係省庁への政策提言活動や、広く国民に向けた広報活動を積極的に行ってまいります。

日本製薬工業協会 会長

手代木 功

手代木 功 日本製薬工業協会会長

手代木 功
1982年  東京大学薬学部薬学科卒業後、塩野義製薬(株)入社
秘書室長、経営企画部長を歴任
2002年  取締役就任
2008年  代表取締役社長就任
2011年5月 日本製薬工業協会会長に就任

製薬協とは

製薬協とは、研究開発志向型の製薬企業70社(2012年6月現在)が加盟する任意団体です。

1968年に設立され、「患者参加型医療の実現」をモットーとして、医療用医薬品を対象とした画期的な新薬の開発を通じて、世界の医療に貢献してきました。
製薬協では製薬産業に共通する諸問題の解決や医薬品に対する理解を深めるための活動、国際的な連携活動など多面的な事業を展開しています。また、特に政策策定と提言活動の強化、国際化への対応、広報体制の強化を通じて、製薬産業の健全な発展に取り組んでいます。

併せて、製薬協(英文名略称:JPMA※1)は、米国研究製薬工業協会(PhRMA※2)や欧州製薬団体連合会(EFPIA※3)とともに、「日・米・欧」という世界の医薬品市場における主要3極の製薬団体のひとつとして活動を展開しています。また、医薬品規制の国際的な調和をめざす日米EU医薬品規制調和国際会議(ICH※4)の主要メンバーとしても活動中です。
さらに、製薬協は国際製薬団体連合会(IFPMA※5)の加盟協会として地球規模で蔓延する疾患対策や発展途上国などにおける伝染病対策、医薬品アクセス問題と知的財産権など世界の医療・医薬に関わる諸問題に対応するなど、各加盟団体と相互に情報交換と連携を図りながら、世界の患者さんの治療に貢献するためにグローバルな活動を展開しています。

※1.JPMA :
Japan Pharmaceutical Manufacturers Association
※2.PhRMA :
Pharmaceutical Research and Manufacturers of America
※3.EFPIA :
European Federation of Pharmaceutical Industries and Associations
※4.ICH :
International Conference on Harmonisation of Technical Requirements for Registration of Pharmaceuticals for Human Use
※5.IFPMA :
International Federation of Pharmaceutical Manufacturers & Associations

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM