委員会からの情報発信委員会からの情報発信

第31回ICH即時報告会

2015/1/15

 医薬品の開発や安全性確保を担当する企業の方々並びに一般の方々と、ICHの進展に関する情報を広く共有するため、ICHリスボン会議(2014年11月8~11月13日、ポルトガル・リスボン)の成果につきまして、報告会(第31回ICH即時報告会)を2014年12月11日、東京・長井記念ホールで開催しました。

本報告会では、先ずICH Reformの現状及び最新動向として全般を報告しますとともに、医薬品規制情報の伝達に関する電子的標準、有効性、安全性、そして品質に関するトピックの動向について、各トピック作業部会専門家からの報告、又、その質疑応答が行われました。

約300名の参加者が集い、多くの質問が寄せられ、参加者の関心の高さが示されました。本報告会のプログラム、講演時間割、講演資料は、以下にファイルを添付していますので、直接ご覧いただくことができます。なお、添付資料の内容を無断で複写・転載することを禁じます。


【開催日時、場所】

日時 場所
2014年 12月 11 日(木) 10:00 ~ 16:50
日本薬学会 長井記念ホール
東京都渋谷区渋谷2-12-15

【案内、プログラム】
開催案内/プログラム (PDF 418KB)

【講演資料】

プレゼンテーション
Presentation materials
演者
Speakers
01_ICHの最新動向 (PDF 437KB
岸 倉次郎(製薬協)
医薬品規制情報の伝達に関する電子的標準に関するトピックの動向 02_E2B(R3)個別症例安全性報告を伝送するためのデータ項目とメッセージ仕様 (PDF 644KB
井上 学(MSD)
03_M8電子化申請様式 (PDF 444KB 渡邉 卓(総合機構)
安全性に関するトピックの動向
04_S5(R3)生殖発生毒性試験 (PDF 336KB
藤原 道夫(アステラス)
05_S9抗悪性腫瘍薬の非臨床評価Q&A (PDF 299KB 西村 千尋(日本化薬)
有効性に関するトピックの動向
06_E6(R2) GCP補遺 (PDF 510KB 金澤 誠器(アステラス製薬)
07_E9(R1) 臨床試験の統計的原則  補遺 (PDF 507KB
土屋 悟(大日本住友製薬)

08_E11(R1) 小児臨床試験 補遺 (PDF 370KB

尾崎 雅弘(ユーシービージャパン)
09_E17 国際共同治験 (PDF 5800KB 宇山 佳明(総合機構)

10_E18ゲノミックサンプリング (PDF 355KB

石黒 昭博(総合機構)

11_M4E(R2) ベネフィット・リスク (PDF 510KB

小森 有希子(総合機構)
品質に関するトピックの動向

12_Q3D元素(金属)不純物 (PDF424KB

東 利則(総合機構)

13_Q7 原薬GMP Q&A (PDF524KB

寶田 哲仁(持田製薬)

14_Q12 医薬品製品ライフサイクルの管理 (PDF182KB

岸岡 康博(総合機構)

 

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM