福くんのなるほど!くすりの世界

「治験」について医薬品評価委員会の方に聞いてみた

「治験」について医薬品評価委員会の方に聞いてみた

「治験」について医薬品評価委員会の方に聞いてみた

「治験」について医薬品評価委員会の方に聞いてみた

「治験」について医薬品評価委員会の方に聞いてみた

「治験」について医薬品評価委員会の方に聞いてみた

福くん

治験という言葉自体は聞いたことあるんだけど、
そもそも治験にはどんな役割があるの?

世の中にくすりを届けるためには、そのくすりの特徴が分かり、安全かつ有効に使用できなくてはなりません。しかし、開発段階の新薬は、その効果と安全性について未知な部分が多くあります。治験はそんな未知な部分の情報をさまざまな角度からたくさん集めて、よりよい新薬を患者さんのもとへといち早く届けるためになくてはならない大切なステップなのです。

インタビュイー

福くん

近藤さんは現在、どんなお仕事をしているのですか?

新薬を開発する環境や方法などについて、業界全体で改善する取り組みを行っています。たとえば、開発には膨大な時間がかかるのですが、そのなかで時間や手間がかかる手順などを効率的に減らせないかといったことや、治験を進めていくうえでの手続きの簡便化などがそうです。すべては、よりよいくすりを患者さんのもとへといち早く届けるための検討・発信をしています。

インタビュイー

福くんとカプセルくん
福くんとカプセルくん

福くん

治験に携わっていくなかで嬉しかったことや
大変だったことを教えてください。

新薬が世の中に出され、一人でも喜ばれる人がいてくれることが一番の喜びです。「とてもよいくすりですね。世の中に早く出てくれることを心から願っています。参加させてくれてありがとう。」という言葉を治験に参加された患者さんからいただいたことも嬉しかったですね。反面、技術の進歩により、診断や病気の原因などが明らかになってくると、治療の対象となる患者さんの病気が細分化されていくため、新薬の効果を評価する患者数も限定されてきます。少ない患者さんで新薬を適切に評価するということは、さまざまな点で今後さらなる工夫が必要になってきます。

インタビュイー

福くん

今後、治験の在り方は変わってきそう?

対象となる患者さんが少ない領域での開発を進めなければならないことを考えると、ひとつのデータ、ひとりのデータ、日本のデータ、世界のデータと、データを無駄にしない取り組みや、治験の仕組みの工夫をさらに進めなければなりません。また、高齢化社会もあわせて考えると、患者さんだけでなく介護の方にも目を向けたQOL(Quality of Life=生活の質)を意識した取り組みも行う必要があると考えています。

インタビュイー

福くん

最後にこの記事を読んでいる人に、伝えたいことはありますか?

よりよい新薬を少しでも早く患者さんのもとにお届けするには、製薬産業の努力だけでは成し遂げることはできません。医療機関の方々等との協働も大切です。ですが、何よりも大切なのは、国民のみなさんと一緒に医薬品開発を進めること。実際に使用される方々の声を無視して医薬品を開発してもまったく意味はありません。製薬産業は、国民のみなさんの声を大切にして医薬品開発を進めていきたいと考えていますので、ぜひご理解・ご協力をお願いいたします。

インタビュイー

福くん 福くん

#お話を聞いて…

ぼくたち生活者が安心してくすりを飲めるようになるまでには、たくさんのデータ収集が必要なのだということがこのインタビューでわかりました。そして治験は、そのデータ収集のなかでもとっても大切な過程。
時代の流れとともに、これまでの常識は、常識でなくなっていくとも語られていましたが、今も昔も、新薬をいち早く患者さんに届けたいという思いは同じ。
そんな熱い思いを伺えた気がします。近藤さん、ありがとうございました!

このコンテンツを見た方がよく見ているコンテンツ

pagetoppagetop