福くんのなるほど!くすりの世界

MR(医薬情報担当者)の方に聞いてみた

MR(医薬情報担当者)の方に聞いてみた

MR(医薬情報担当者)の方に聞いてみた

MR(医薬情報担当者)の方に聞いてみた

MR(医薬情報担当者)の方に聞いてみた

MR(医薬情報担当者)の方に聞いてみた

ぼくはMRというお仕事を初めて知ったのですが
わかりやすくいうとどんなお仕事なの?

福くん

インタビュイー

MR(Medical Representatives)とは、自分の会社が出しているくすりの品質や有効性、安全性などを、お医者さんをはじめとする医療関係者に説明する仕事。 ぼくらがいないと、お医者さんたちは自分たちで必要な情報を集めて本当に使うべきくすりなのかそうでないのかを判断しなければいけなくなる。これって意外と大変なことなんです。

そうなんですね!
でも伊川さんはどうしてMRになろうとしたの?

福くん

インタビュイー

大学生のときに姉が病気を患い、くすりを服用することで元気になっていく姿と、逆にくすりの副作用で苦しんでいる姿を見てしまって。そのときに「この姉にもっと最適なくすりはないのか?」と疑問を抱いたことがきっかけです。実際にくすりを処方するのはお医者さんですが、自分でくすりの専門知識を身につけ、適切なくすりの情報提供を行うことができれば、その先の患者さんやご家族に少しだけでも貢献できるかもしれないという想いもありました。

福くんとカプセルくん
福くんとカプセルくん

今のお仕事をしていて
嬉しかったことや大変だったことってありますか?

福くん

インタビュイー

とある患者さんのお話なのですが、これまでいろいろな治療を試みても効果が現れなかったものが、自社のくすりを投与したら効果が現れ、ご家族ともども喜ばれたと聞かされたときは嬉しかったです。MRとして働いていることへの喜びとやりがいを感じた瞬間でした。反面、MRは患者さんへの情報提供や、患者さんからのお問い合わせに直接回答できない決まりがあるので「患者さんとそのご家族はどのように困っているのか?」ということを直接知ることができません。そのニーズをいかにして知るかが大変ですね。

今後MRとして挑戦したいことはなんですか?

福くん

インタビュイー

これまでは、病気を治すために、あるいは症状を改善させるために、どのように貢献できるかを追求していましたが、今後は、「先制医療」といわれる病気の予知・予防に取り組むことがより重要になる時代。そこでMRとして、”情報提供者”という立場から医療現場のニーズを知った上で、病気の予知・予防に介入し、患者さんとそのご家族へ貢献することに挑戦していきたいと思っています。

最後にこの記事を読んでいる人に、伝えたいことはありますか?

福くん

インタビュイー

MRは医療現場になくてはならない職業のひとつだと自負しています。新薬を提供する際の情報提供はもちろんのこと、すでに発売されているくすりに関しても新たに得られた治療効果や改良点を情報収集し、最適な使用方法を見出し、くすりを育てていく、いわゆる「育薬」に携わることも使命のひとつです。これからもくすりを通じて患者さんやご家族の想いに寄り添い、その想いを形にできるよう頑張っていきたいと思います。

#お話を聞いて…

MRというお仕事は、お医者さんと、ぼくたち生活者とをつなげる架け橋のような存在なのだなということを、お話を聞いて感じました。
くすりの品質や有効性、安全性をしっかりとお医者さんたちに提供してくれるからこそ、ぼくらも安心してくすりを飲むことができる。
ぼくたち生活者の前に出ることは少ないのかもしれないけれど、それでも患者さんやそのご家族の健康や幸せを願ってくれているということが、今回のお話を通じてとても強く伝わってきました!

福くん 福くん

このコンテンツを見た方がよく見ているコンテンツ

pagetoppagetop