創薬イノベーション

様々な希望に形を変える、iPS細胞を活用した治験、ついに始まる。 様々な希望に形を変える、iPS細胞を活用した治験、ついに始まる。

イメージ画像

それって?

iPS細胞の本格的な実用化をめざして。

iPS細胞は、どんな細胞にも役割を変えられ、ほぼ無限に増殖できる“多能性幹細胞”。iPS細胞の作製が成功して以来、新薬開発応用への期待は高まるばかりですが、2018年8月1日、「iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を用いたパーキンソン病治療に関する医師主導治験」が京都大学医学部附属病院にて開始されました。今後もiPS細胞を活用した治療の可能性はさらに広がっていくことでしょう。

詳しくはこちら

このコンテンツを見た方がよく見ているコンテンツ

pagetoppagetop