くすりで願い叶ったエピソード

苦しみを乗り越え全国制覇 苦しみを乗り越え全国制覇

千葉県E.Yさん 45歳 千葉県E.Yさん 45歳

イメージ

私はリウマチ6年生です。

発症当初は身体中の関節が痛く、箸で食事をするのも大変な時期がありました。でも、処方されたくすりのおかげで、リウマチも2年を過ぎると寛解になりました。
リウマチを発症する前からファミレスで働いていた私は今も働き続けることができています。
寛解になったので晩年の両親のお世話をすることができました。

去年、父も亡くなり両親のお世話を卒業した私は、今ボランティア活動を始め、ビリヤード、卓球、写経を楽しみ、なんと言っても45才でスクーターデビューをしました。
スクーターがこんなに楽しいなんて思いませんでした。

6年前のリウマチと診断されたあの日、
帰りの車中で涙が止まりませんでした。

母もリウマチだったので、あぁ私も身体中が痛くなり、不自由な生活が始まるのだと思いました。でもまさか6年後、こんなに充実した人生が送れるとは想像もしませんでした。

これからも主治医の指導をよく聞き、自分のため、そして
少しでも人の役に立てるような人生を送りたいです。

※ 実際に送られてきたエピソードをもとに構成しています。年齢はエピソード応募時のものです。写真はイメージです。

このコンテンツを見た方がよく見ているコンテンツ

pagetoppagetop