イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

あなたが育てる くすり(1)

新薬の研究開発の段階においては一部の患者さんに対しての治療効果や安全性を確認・評価します。実際の治療では、さまざまな患者さんに使われます。このため、研究開発段階では見つからなかったような効果や副作用が明らかになることがあります。こうした新たな情報は、副作用の防止や新薬の開発に活かされます。これを“くすりを育てる”という意味から「育薬」と言います。くすりを飲んで気になることが起こったら、処方した医師や薬剤師さんに患者さんの声として伝えてください。あなたの情報は重要なデータとして生かされます。

このページのトップへ