イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

有効性と安全性の確認に費やす9~17年間!

くすりが承認され、患者さんに使用されるようになるまでには、9~17年もの時間が費やされます。なぜ、これだけ長い時間がかかるのでしょう。ひとつのくすりができるまでには、動物実験を経た後、患者さんたちの協力を得て臨床試験(これを治験といいます)をくり返し行ない、有効性と安全性を確かめます。そして、安全で実際に人に役立つものだけが、くすりとして使うことが認められるのです。この効果と安全性を確かめる試験は慎重を期して進められます。このため時間が長くかかることになります。それでも製薬会社は1日も早く患者さんにくすりをお届けしたいと考えています。


このページのトップへ