脳梗塞


 脳の動脈の血管内が途中で詰まってしまい、その先へ血液が流れなくなる病気。その動脈から血液が流れこんでいる部分が酸素不足により死んでしまい、働きが低下したり、失われたりします。

 脳梗塞には脳血栓と脳塞栓の2種類があり、顔面および片側の手足のまひ、感覚の低下、言語障害、意識障害などの症状が現れます。