イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

医療用医薬品について 適正使用 創薬 治験 育薬 情報提供について くすりの価
値
お問い合わせ
くすりの進歩のために
治験の仕組み
くすりの進歩のために

 ひとつの「くすり」が誕生するには、9年~17年もの長い研究開発期間を必要とします。その間さまざまな試験をくりかえし、効き目の確認と安全性の評価が行われますが、最後の段階で患者さんのご協力を得ておこなわれる(臨床)試験・・・それが「治験(ちけん)」です。

 いま私たちが病気やけがの治療などに使っているくすりは、多くの患者さんのボランティアによる治験をへて誕生したものです。そしてこれからの新しいくすりもまた、ボランティアの参加される治験から生まれ、未来へと受け継がれていきます。

 治験は、病気と闘う患者さんにとっては、新しいくすりと出会える貴重な機会であり、新薬が世に出れば、同じ病気に苦しむ患者さんの救いになります。治験は創薬の重要なプロセスです。

前にもどる 次にすすむ
ページトップへ
| 医療用医薬品について | 適正使用 | 創薬 | 治験の仕組み | 育薬 | 情報提供について | くすりの価値 | ホーム |

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM