製薬協について 製薬協について

産業政策委員会

【重点課題】

  1. 革新的新薬及びイノベーション創出の観点からの総合的な検討
    • 研究開発型製薬産業を取り巻く環境変化や施策動向を把握・分析し、産業政策の要であるイノベーション推進方策、薬価制度、税制について、革新的新薬やイノベーションの創出等の観点から、総合的に検討を行い、対応・提言を行う。また、官民対話や常設委員会で対応できない課題、緊急事案等について的確に対応し、主張すべき内容、方向性等を整理する。
      検討や対応に当たっては、関係団体と連携するとともに、医薬産業政策研究所の研究・調査機能を活用する。
  2. イノベ-ションを適切に評価し、研究開発型製薬産業の成長に資する薬価制度の実現
    • 薬価制度に関する中央社会保険医療協議会等における議論に対応して、イノベ-ションを適切に評価し、研究開発型製薬産業の成長・競争力強化に資する薬価制度の実現に向けて十全な検討・対応を進める。また、国民皆保険制度を堅持しつつ、イノベーションが適切に評価されるための薬剤給付制度の在り方について、具体的な意見・方策を整理し、ステークホルダーに対し提言を行う。
  3. 関係各省や日本医療研究開発機構等と連携した革新的新薬創出のための環境整備
    • 健康・医療戦略等のフォローアップを行うとともに、健康・医療戦略及び医療分野研究開発推進計画に盛り込まれた革新的新薬の創出を支援する施策等について、その実効性が確保され、製薬産業にとって真に有益なものとなるよう、関係各省、各種会議体等に対して適時的確に提言等を行う。また、創薬応用のための医療ビッグデータの整備と利活用に向けた調整や提言を行う。
  4. 研究開発を促進し、国際競争力強化につながる税制の構築に向けた検討・提言
    • 製薬産業の研究開発促進、国際競争力強化に資する税制について検討を行い、2018年度税制改正要望案を取りまとめ、その実現を図る。また、特別試験研究費税額控除制度の拡充に取り組む。
  5. 製薬産業の役割・貢献、医薬品の価値等に関する理解促進・啓発
    • 「製薬協 産業ビジョン2025」等を活用して製薬産業の将来の方向性、役割・貢献、医薬品の価値について、広報委員会等と連携し、ステークホルダーに対し理解促進を図るための活動に取り組む。

【インターナショナル・トレード・コミッティ】


【重点課題】

  1. 第5次医薬品関税撤廃の早期実現
    • 昨年から引き続き、第5次関税撤廃の作業が遅れていることを鑑み、2018年度且つ欧米と同タイミングで関税撤廃を実施できるようにINTERCEPTの一員として種々の取り組みを行う。
      (1)
      INTERCEPT関連の諸会議への積極的参加と共同行動
      (2)
      厚生労働省、外務省、財務省、経済産業省、農水省等関係する官庁への協力要請
      (3)
      第5次関税撤廃に関して、関税撤廃実行プロセスにおける欧米と日本の違いを理解した上で、日本の関税当局の早い段階からのテクニカル・レビュー、関税撤廃リストの作成等、欧米と同時期の実施実現に向けて取り組む。
      (4)
      FTA,EPA等の枠組みによる関税撤廃の可能性やその影響等についても検討する。
  2. 薬機法への対応
    薬機法及び関連法令への対応:調査・情報収集活動・啓蒙活動の継続及び他団体との連携・協力
    • 今後とも薬機法令及び関連法令の遵守及び適切な運用を目指し、製薬協内関連委員会、関連業界・団体と密接に連携・協力して対応していく。
  3. 貿易諸問題への対応
    貿易諸問題への対応:研修会、講演会等の実施及び各委員同士の情報交換
    • 海外も含め製造業者への委受託も増加しており、それに伴う輸入及び輸出の貿易拡大により発生する薬機法、関税法、化審法等の法令がらみの種々の問題に対応するため、研修や情報交換を通じ各委員の理解や見識を高め、業界としてのレベルアップを図っていく。
<< 目次に戻る  << 前のページに  次のページに >>

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM