製薬協について 製薬協について

コード・コンプライアンス推進委員会

【重点課題】

(1)
会員会社のコンプライアンス推進の支援
(2)
透明性ガイドラインに基づく適切な情報公開の推進
(3)
医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドラインへの対応
(4)
行政及び日薬連、公取協、IFPMA等の国内外の関係団体との連携、情報の収集・発信及びフィードバック

【重点課題への取り組み内容】

(1)
会員会社のコンプライアンス推進の支援
1)
会員会社に対してコンプライアンスに関する調査(2019年改定の製薬協コード・オブ・プラクティスへの対応等)を実施し、課題の抽出、対応策の検討を行うとともに、定期的な研修会の開催、コード理解促進月間施策及び必要に応じた通知の発信等を通して、会員会社のコンプライアンス推進を支援する。
2)
製薬協コード・オブ・プラクティス違反措置規程に基づく問合わせ、苦情申立て等に対して、迅速かつ適正に対応し、必要に応じて違反した会員会社に自主的な改善を求めるための措置を行うとともに、措置事例を会員会社と共有することで再発防止を促す。

(2)
透明性ガイドラインに基づく適切な情報公開の推進
1)
会員会社と医療機関等との関係の透明性を高める活動を支援し、2018年改定の透明性ガイドラインに則った情報公開の普及・定着を推進する。
2)
改定透明性ガイドラインに対する会員会社の理解を一層深めるべく、研修会(透明性ガイドライン窓口責任者会)の開催やFAQの更新など、必要な対応を講じることで会員会社の適切な情報公開を支援する。

(3)
医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドラインへの対応
1)
医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドラインの担当委員会として、会員会社の同ガイドラインへの対応・遵守状況を調査の上、アドバイザリー会議の助言を経て、会員会社と調査結果を共有し、同ガイドラインの遵守を支援する。
2)
販売情報提供活動監視事業(厚生労働省 医薬・生活衛生局 監視指導・麻薬対策課 委託)における不適切な事例を確認・検討の上、アドバイザリー会議の助言を受けて、必要に応じて通知等を発信し、会員会社に同ガイドラインの遵守を徹底する。
3)
行政等が主導する同ガイドラインに係る調査の実施及びQ&Aの起案等に協力する。

(4)
行政及び日薬連、公取協、IFPMA等の国内外の関係団体との連携、情報の収集・発信及びフィードバック
1)
2018年に合意・調印した「日本における倫理的連携のためのコンセンサス・フレームワーク」について、会員会社への浸透を図るとともに、国内関係団体に対する周知活動を日薬連と連携して推進する。
2)
IFPMAエシックス&ビジネス・インテグリティ・コミッティ会議、APECビジネス・エシックス・フォーラム2020等の国際的なコンプライアンス推進活動に参画し、グローバルな動向を収集するとともに、当委員会の取り組みについて情報発信を行う。
3)
関連法令、行政通知等に関する情報をタイムリーに収集し、会員会社と共有する。
<< 目次に戻る   次のページに >>

このページのトップへ

  • ひろがれ、未来。
  • 第31回製薬協政策セミナー
  • 薬剤耐性菌(AMR) アクションファンド 設立発表 記者会見  2020年7月10日
  • やまぐち!ブチ元気!~もっと知りたいくすりの話~
  • 夢のメディ神殿 2020スペシャル
  • Quiz Knockに挑戦!!~くすりの未来を考える~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • あなたのくすりいくつ飲んでいますか?
  • くすり研究所
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM