製薬協について 製薬協について

製薬協コード・オブ・プラクティス

  製薬協の会員会社はその事業活動において常に高い倫理性と透明性を確保し、研究者、医療関係者、患者団体等との交流に関する説明責任を果たし、社会の信頼に応えていかなければならない。
 製薬協コード・オブ・プラクティスは、「医療用医薬品プロモーションコード」をさらに発展させ、会員会社のすべての役員・従業員と、研究者、医療関係者、患者団体等との交流に係る行動基準を示したものであり、2013年1月に策定し、2017年5月に改定したものである。
 註:製薬協コード・オブ・プラクティス(本文)の原文を掲載しており、記載の参照頁数に該当するページが掲載されていない場合があります。

PDFのご利用には、Acrobat Reader日本語版が必要です。Acrobat Reader日本語版は、アドビシステムズ社のサイトより無料でダウンロードできます。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 夢のメディ神殿 2018スペシャル
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM