製薬協について 製薬協について

Top News | トップニュース

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
180号タイトル
top_news
前へ1234567次へ
「定例会長記者会見」を開催
line03 line03 line03

研究開発型製薬企業によるイノベーション

「研究開発型製薬企業によるイノベーション」について、図1は創薬研究プロセスの段階、医療現場で治療に用いられる段階、さらに治療後の段階において創薬イノベーションによりもたらされる便益を示しています。図1の左の「革新的医薬品の創製と供給プロセス」では、最先端サイエンスを源泉とした創薬研究と、創薬に由来するサイエンスの進歩・活性化のサイクルからイノベーションが生み出されます。図1の中央の「医療的便益」とは、医療現場において革新的医薬品がもたらすイノベーションであり、新効能、効果増強、安全性や利便性の向上、そして患者さんの生活の質(QOL)の改善等が具体的項目として挙げられます。さらに図1の右の「社会的便益」としては、社会保障費の削減、健康寿命の延伸、社会・経済的価値の拡大が挙げられます。
 現在の薬価制度においては、医療的便益が薬価算定時の評価対象となっていますが、QOLの改善や社会的便益の各項目は評価項目とはなっていません。しかし、私たちは革新的医薬品を生み出すプロセスと、それがもたらす新たな医療的・社会的便益のすべてがイノベーションであり、現在よりも幅広い視点からイノベーションが評価されるべきであると考えています。

図1 研究開発型製薬企業のイノベーション
図1 研究開発型製薬企業のイノベーション

製薬企業によるイノベーション:革新的医薬品を生み出すプロセス

「革新的医薬品の創製と供給プロセス」においては、最先端サイエンスの担い手である大学・研究機関と創薬を行う製薬企業が共同研究やコンソーシアムを形成し、相互に知見や技術、人材等を出し合い研究目的を追求していく中でイノベーションが生み出され、革新的医薬品が創出されます。
 このプロセスにおいて生み出されるイノベーションとしては、遺伝子やタンパク質の解析、スーパーコンピュータや人工知能等の「基盤技術の向上」、疾患の発症進展メカニズムや新規治療薬、個別化医療の概念等の「生体の分子機序の解明」、そしてケミカルバイオロジー、ファーマコゲノミクス、レギュラトリーサイエンス等の「新たな学問領域の発展」が挙げられます。
 近年、創薬難度が上昇する中で、製薬産業は高水準かつ長期間にわたる研究開発投資を継続しながら、最先端のサイエンスや技術を絶えず取り込みイノベーションの創出に挑んでいます。

前へ1234567次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ